七五三 初穂料(お金)について

初穂料 のし袋

 

初穂料は「はつほりょう」と読みます。

 

初穂とは、神仏にお供えするその年に最初にとれた稲や野菜などの農作物のこと。その初穂の代わりとして献じられる金銭のことも指すようになりました。神社に祝詞(のりと)を上げてもらい、お祓いをお願いした謝礼で納める金銭のこと初穂料を言います。

神社によっては「玉串料」としている所もあります。

 

謝礼(初穂料)の相場は3,000円〜10,000円くらいで、いくら包むかは気持ちによるところです。

 

予め料金を決めている神社もあります。だいたい相場的には5,000円の所が多いようです。また「お気持ちでお納めください」としている神社も多くあります。

同サイト各都道府県の神社情報には、この「初穂料」を定めている神社様はその金額も掲載しております。ぜひ参考にして下さい。

 

また神社に入っているレンタル着物・写真撮影の業者や、神社近くの会館などで予め初穂料も金額を決めてパック料金としているケースもあります。

事前にどのくらいを用意したらいいのかを、神社や業者に確認しておくのもいいでしょう。

 

※こちらの初穂料専門の姉妹サイト『初穂料どっとこむ』でも、「のし袋の表書きの書き方」などより詳しく七五三の初穂料について解説しています。ぜひご参考下さい。

→【初穂料どっとこむ】七五三の初穂料について

のし袋の書き方

表書きには「御初穂料」または「初穂料」と書き、水引き下の下段には祈祷をうける七五三のお子様の名前をフルネームで書きます。

(街の文房具屋さんなどでも予め「初穂料」とプリントしてある物もありますので、そういったのし袋を利用してもいいでしょう)

七五三 初穂料 のし袋書き方

 

※こちらの初穂料専門の姉妹サイト『初穂料どっとこむ』でも、「のし袋の表書きの書き方」や「中袋の金額の書き方など」詳しく解説していますので、ぜひどうぞ!

→【初穂料どっとこむ】七五三の初穂料について

※情報提供:七五三ドッとコムー七五三についてもっと知りたい方は、本家サイト「七五三の豆知識ページ」にぜひ!

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

ここは一発運だめし!!おみくじをひこう!神社やお寺で七五三の祈祷を待っている間や七五三のお子様たちとぜひお楽しみ下さい!
(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

【神社様・寺院(お寺)のみなさま様へ】
「うちの神社も七五三で多くの方がお参りするので取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【七五三を行った方、一般のみなさまへ】
「我が家の七五三を行った神社も地元では有名で素敵なところなので、掲載・紹介して欲しい」などの情報も求めております。
地元ならではのそういった情報もぜひ当サイトで掲載・紹介していきたいと思っておりますので、同じくお問い合わせフォームにてお知らせ・情報提供ください。

 

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです